手軽に食べられる市販のお菓子

グルテンフリーダイエットを実践していると、必然的に食べられる食品が大きく制限されます。

それは食事に限らず、おやつについても同じことで、手作りや市販の割高なグルテンフリーのお菓子を買うなど、何かと手間やお金がかかりがちです。

そのため、比較的安価で手に入りやすく食べたい時に手軽に食べられる市販のお菓子があると良いと思うことがあるかもしれません。

そこでこの記事では、比較的入手しやすくおやつとして気軽に食べやすい小麦不使用のお菓子についてまとめたいと思います。

 

グルテンフリーのお菓子

グルテンフリーで気軽に食べられるお菓子には、以下のようなものがあります。

  • お煎餅
  • ポテトチップス
  • さつまいもチップス
  • ベジチップス
  • ライスパフ
  • 最中
  • 大福
  • 団子
  • 羊羹
  • わらび餅
  • ナッツ類
  • ピーナッツ
  • 芋けんぴ
  • チョコレート
  • アイスクリーム
  • プリン
  • ムース
  • ジェラート
  • 米粉クッキー

上記の中でも、羊羹や最中、大福は問題なく食べられることが多いです。

ナッツ類も加工されていない、フレーバーが使われていないものなら(生のナッツや無塩・無油のナッツ)グルテンフリーなので問題なく食べられます。ナッツ類は栄養価も高く健康的だという点からもおすすめです。

また、ポテトチップスなどのチップス類は、原材料が「じゃがいも・塩・植物油」のような無添加のものを基準にして選ぶとグルテンフリーのものである確率が高くなります。たとえば、「シーソルト」「塩味」のようなシンプルなものが良いです。

ただし、上記のお菓子にはグルテンフリーのものが多くはありますが、中には小麦が含まれている場合もあります。

煎餅:醤油味のお煎餅などで、醤油の原材料に小麦が使われているもの

アイスクリーム:クッキーサンド、クッキークリームなど

※ただし、醤油に含まれるグルテンはごくわずかのため摂っても問題ないことが多い。

また、原材料に小麦が含まれていなくても、コンタミネーションが発生している場合もあるので、はじめから「これなら大丈夫!」と決めつけずに、個々に製品パッケージに書かれている原材料やコンタミネーション情報を確認してから食べるものを選ぶようにすると良いです。

 

おすすめのポテトチップス

ポテトチップスは、グルテンフリーで気軽に食べられるお菓子の一つです。

すべてのポテトチップスがグルテンフリーとはいえませんが、じゃがいもを主原料にしたポテトチップスは、年齢を問わず気軽なお菓子として人気があります。

そこで、以下にグルテンフリーでおすすめのポテトチップスをいくつか紹介します。

 

KELLTE BRAND

KETTLE BRANDのポテトチップスは海外製でコストコのプライベートブランドとして販売されているものもあり、目にする機会も多いかもしれません。

KETTLE BRANDのポテトチップスにはいろいろな種類がありますが、専用工場で製造しGFCOという第三者機関による認証を取得しておりすべてグルテンフリーの製品です。

GFCOはアメリカの認証機関で、この認証を得るには完成した製品のグルテン含有量が10ppm以下であることなどが必要とされています。なお、アメリカで製造された製品だけでなく、日本のグルテンフリー製品の中にもこの認証を取得しているものがいくつかあります。

そのため、ポテトチップスのパッケージ(ただし比較的最近の新しいもの)を見るとGFCO認証を取得していることを示す「Certified Gluten-Free」と書かれたマークがあるので、安心して食べることができます。

ケトルブランドポテトチップスのパッケージ

GFCOの認証を取得していることを示すマーク

私は「SEA SALT」を食べたことがありますが、厚切りで歯ごたえがあり美味しかったです。

また、量も多めに入っていて食べごたえもあるところも良いかと思います。

 

Good Health Snacks

「Good Health Snacks」のポテトチップスは、ケトルブランドと同様に海外製のポテトチップスです。

「Good Health Snacks」のポテトチップスについてもGFCO認定を取得しており、パッケージには「Certified Gluten-Free」と書かれたマークがあります。

ちなみに、私は菜種油などの植物油をなるべく取らないようにしているので、「Good Health Snacks」の「じゃがいも・アボカドオイル・海塩」のみでつくられたケトルスタイルのポテトチップスを何度か購入して食べていますが、KETTLE BRANDのものと比べると薄切りでシンプルな味わいで食べやすいです。

また、グルテンや一般的な植物油だけでなく添加物も含まれていないので、健康志向の人にも良いかと思います。

 

まとめ

  • おやつなどに気軽に食べられるグルテンフリーのお菓子はたくさんある
  • 加工食品でも、ポテトチップスやライスパフなどのチップス類、最中や羊羹などの和菓子類には比較的グルテンフリーのものも多い
  • 加工されていないナッツ類なら生でそのまま、もしくはローストするだけで気軽に食べられてなおかつ健康的
  • ポテトチップスを食べるならGFCO認証を取得しているものがおすすめ
  • グルテンフリーだと思っても、念のために原材料をチェックしてから選ぶと確実

以上、グルテンフリーダイエットでも気軽に食べられる市販のお菓子についてまとめました。

手間やお金を掛けずにいつでも手軽に食べられるものを用意しておきたい場合には、上記を参考にして選んでみてください。

関連コンテンツ

-食べてよいもの・いけないもの

© 2020 GLUTEN-FREE KITCHEN LABO -グルテンフリーキッチンラボ-