手軽に食べられる市販のお菓子

更新日:

グルテンフリーダイエットを実践していると、必然的に食べられる食品が大きく制限されます。

それは食事に限らず、おやつについても同じことで、手作りや市販の割高なグルテンフリーのお菓子を買うなど、何かと手間やお金がかかりがちです。

そのため、比較的安価で手に入りやすく食べたい時に手軽に食べられる市販のお菓子があると良いと思うことがあるかもしれません。

そこでこの記事では、比較的入手しやすくおやつとして気軽に食べやすい小麦不使用のお菓子についてまとめたいと思います。

 

お煎餅

うるち米を主原料としたお菓子であるお煎餅は、グルテンフリーダイエットをしている人でも食べやすいものの一つです。

それでは、以下に市販のお煎餅の中で小麦や大麦を原材料に使用しておらず、おやつとして美味しく食べられるものを挙げていきます。

ただし、以下に挙げる製品でも、小麦を使った他の製品と同じ工場で製造されているなどの理由でコンタミネーションが発生している恐れもあるので、人によっては注意が必要です。

 

ふんわり名人 きなこ餅(越後製菓)

まず、「ふんわり名人 きなこ餅」は「国産のもち米・きな粉・塩・糖類・植物油脂」といった、シンプルな原材料を使ったお菓子です。

ふんわり名人 きなこ餅の原材料

食べた感じとしては、「ふんわり名人」という名前らしく口当たりが軽く口どけが良いことに加えて、きな粉と砂糖の適度な甘さが相まって上品な味わいがあります。

一口食べて美味しいと思えるお菓子です。(ただし美味しくて軽い調子でたくさん食べられるので、食べ過ぎに注意が必要かもしれません)

ふんわり名人 きなこ餅の個包装

また、数個ずつ個包装になっているので、ストックしておくといつでも食べたい量だけ気軽に食べられる点も良いと思います。

 

新潟仕込み こだわりのほんのり塩味(三幸製菓)

「新潟仕込み こだわりのほんのり塩味」は、3種類の塩と隠し味に黒糖を使い、比較的シンプルな原材料でつくられた薄焼き煎餅です。

薄けれど歯ごたえがあり、それほど塩味は強くなくシンプルな味わいのベーシックなお煎餅なので、誰でも美味しく食べられるタイプのお菓子になっています。

三幸製菓「新潟仕込み」の個包装

また、一袋2枚の個包装になっていていつでも気軽に食べます。

ただし、原材料の中には「調味料(アミノ酸等)」といったリーキーガット症候群がある場合には避けたほうが良いものが含まれていることと、小麦を含む製品と同じ製造工程になっているため、人によっては注意必要です。

 

ポテトチップス

次に、じゃがいもを主原料にしたポテトチップスは、年齢を問わず気軽なお菓子として人気があります。

必ずしもグルテンフリーとはいえませんが、市販のポテトチップスの中にはグルテンフリーダイエットをしている人でも食べられるものも多いため、その中から入手しやすいものをいくつか挙げていきたいと思います。

 

KELLTE BRAND

KETTLE BRANDのポテトチップスは海外製ですが、コストコのプライベートブランドとして販売されているものもあり、目にする機会も多いかもしれません。

KETTLE BRANDのポテトチップスにはいろいろな種類がありますが、専用工場で製造しGFCOという第三者機関による認証を取得しておりすべてグルテンフリーの製品です。

GFCOはアメリカの認証機関で、この認証を得るには完成した製品のグルテン含有量が10ppm以下であることなどが必要とされています。なお、アメリカで製造された製品だけでなく、日本のグルテンフリー製品の中にもこの認証を取得しているものがいくつかあります。

そのため、ポテトチップスのパッケージ(ただし比較的最近の新しいもの)を見るとGFCO認証を取得していることを示す「Certified Gluten-Free」と書かれたマークがあるので、安心して食べることができます。

ケトルブランドポテトチップスのパッケージ

GFCOの認証を取得していることを示すマーク

私は「SEA SALT」を食べたことがありますが、厚切りで歯ごたえがあり美味しかったです。

また、量も多めに入っていて食べごたえもあるところも良いかと思います。

 

Good Health Snacks

「Good Health Snacks」のポテトチップスは、ケトルブランドと同様に海外製ですが、iHerbで購入することができるので、よく利用する人には知っている人も多いかもしれません。

「Good Health Snacks」のポテトチップスについてもGFCO認定を取得しており、パッケージには「Certified Gluten-Free」と書かれたマークがあります。

ちなみに、私は菜種油などの植物油をなるべく取らないようにしているので、「Good Health Snacks」の「じゃがいも・アボカドオイル・海塩」のみでつくられたケトルスタイルチップスを何度か購入して食べていますが、KETTLE BRANDのものと比べると薄切りでシンプルな味わいで食べやすいです。

また、グルテンや一般的な植物油だけでなく添加物も含まれていないので、健康志向の人にも良いかと思います。

 

まとめ

以上、グルテンフリーダイエットでも気軽に食べられる市販のお菓子についてまとめました。

米やじゃがいもを主原料にしたお煎餅やポテトチップスには、グルテンフリーでつくられているものがいくつかあります。

場合によってはコンタミネーションが発生している恐れもありますが、ポテトチップスであれば海外製のGFCO認定を取得しているものを選べばグルテンの含有量が10ppm未満となるため安心です。

手間やお金を掛けずにいつでも手軽に食べられるものを用意しておきたい場合には、こうしたお菓子を選んでみると良いかもしれません。

-食べてよいもの・いけないもの

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.