グルテンフリーの年越し・お正月料理

更新日:

年末が近づくと、おせち料理などのお正月や年越しに食べる食事をどうするか、どんなものを食べようかと悩む人は多いのではないでしょうか。

特にグルテンフリーダイエットを実践していると気軽に市販品を買って食べるということは難しいので、食べられる範囲のものを考えて早めに準備を始める必要があります。

そこで、この記事ではグルテンフリーダイエットを実践している人におすすめの、年末年始の料理についてまとめていきたいと思います。

 

グルテンフリーで食べられる年越し・お正月料理

それでは、以下に年末年始によく食べられている主な料理で、グルテンフリーでも食べられる料理にはどんなものがあるかを紹介していきます。

 

おせちの具材

まず、グルテンフリーで食べられるおせち料理のメニュー(とその主な材料)には以下のようなものがあります。

  • 黒豆煮(黒豆・醤油・砂糖など)
  • 田作り(田作り・醤油・みりんなど)
  • 昆布巻き(昆布・醤油・みりん・酢など)
  • たたきごぼう(ごぼう・醤油・酢・みりんなど)
  • 紅白なます(大根・にんじん・酢など)
  • 酢蓮根(蓮根・酢・砂糖など)
  • 筑前煮(鶏肉・ごぼう・醤油・みりん・砂糖など)
  • 数の子(数の子・醤油・みりんなど)
  • 紅白かまぼこ(市販のかまぼこなど)
  • 手綱こんにゃく(こんにゃく・醤油・みりんなど)
  • 錦玉子(卵・砂糖など)
  • 厚焼き玉子(卵・だし・酒など)
  • 伊達巻(卵・はんぺん・だし・酒など)
  • ぶりの照り焼き(ぶり・醤油・砂糖・みりんなど)

上記のメニューは、「小麦不使用のたまり醤油」や「純米酢」など普段から使用する基本的な調味料とグルテンフリーの食材を使ってつくることができます。

ただかまぼこなどの練り物には原材料に小麦由来のでん粉(加工でん粉)が使用されている場合があるため、原材料を事前に確認して小麦由来の材料を使っていない製品を選ぶようにすると良いです。

市販のおせちを買う場合

市販されているおせちの詰め合わせや具材を購入する場合には、小麦を使った醤油など個々の具材の味付けに使用されている調味料に注意する必要があります。なお、中には特定原材料を使用せずにつくられたアレルギー配慮のおせちもあるので、できるだけ小麦由来の材料やコンタミネーションを避けたい場合にはそうしたものを選ぶのがおすすめです。

調味料についてはこちらの記事を参照ください

和食に使う調味料を選ぶ時のポイント

煮物や煮魚など定番の和食メニューには味醂、料理酒などの調味料をよく使用します。 グルテンフリーダイエットでは自炊が中心となり、そうした和食メニューをつくろうと考えることも多いかと思いますが、味付けに使 ...

続きを見る

 

大皿・おもてなし料理

次に、大皿料理やおもてなし料理のメニューには以下のようなものがあります。

  • ローストビーフ(牛肉・塩・胡椒など)
  • まぐろのたたき・刺し身(まぐろのたたき・醤油・わさび)
  • 鶏唐揚げ(鶏肉・醤油・米粉など)
  • すき焼き
  • 水炊き
  • リーフサラダ

上記のメニューもグルテンフリーのシンプルな材料で用意することが可能です。

揚げ物を作る時の衣には「米粉」や「片栗粉」などの粉類を使用しますが、もし家族のうち一部の人にのみグルテンフリーのメニューを用意するという場合には、衣に小麦粉を使用したものと揚げ物の油を共有しないように注意が必要です。(コンタミネーションが発生する恐れがあります)

また同じように市販品の揚げ物を買う場合にも、衣に使用されている粉が何か、また他の食品と油を共有している場合のコンタミネーションにも注意しておく必要があります。

 

ご飯もの

次に、ご飯もののメニューには以下のものがあります。

  • ちらし寿司(米・酢など)
  • お寿司(酢飯・醤油・わさびなど)
  • 巻き寿司(穴子の蒲焼き・厚焼き玉子・かんぴょう・すし酢など)
  • いなり寿司(米・油揚げ・醤油・酢など)

上記のようなメニューもグルテンフリーの材料と調味料でつくることが可能です。

特にちらし寿司は、残ったおせち料理やお刺身などを使って簡単に用意することができます。

なお、市販されている味付きのかんぴょうには小麦を含む醤油が使われているので、小麦を使った醤油を避けている場合には乾燥したものを使うと良いです。

 

年越しそば

次に、年越しそばは以下のような材料をつかってつくることができます。

  • 十割そば
  • えびの天ぷら(えび・米粉)
  • にしん
  • 油揚げ
  • 鴨南蛮
  • 卵(月見そばなど)
  • ネギ
  • めんつゆ

年越しそばには、上記のような材料を使ってグルテンフリーのものを用意することができます。

そばはそば粉十割(100%)のものを使い、そばつゆには市販されているグルテンフリーのめんつゆを使うか、もしくは小麦不使用の醤油とみりんを使って手作りすることが可能です。

また、そばに具材を加える場合には、鴨肉や油揚げ使うのがシンプルで良いですが、衣に米粉を使用して海老の天ぷらをつくっても豪華になって良いかと思います。

 

まとめ

以上、グルテンフリーで食べられる年末年始の料理についてまとめました。

お正月に定番のおせち料理は特定原材料不使用の市販品を購入することもできますが、普段使っている調味料を使って上記のようなメニューを手作りで用意することもできます。

今回紹介したメニューには材料や作り方がシンプルなものが多いですし、縁起の良い料理を選んで自分の食べられる材料を使って手作りで用意してみてはいかがでしょうか。

-季節の食事メニュー

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.