グルテンフリーダイエットで食べられないもの

更新日:

一般的な加工食品には、その原材料の多くに小麦や大麦由来の原材料が使用されており、グルテンフリーダイエットでは避けたほうが良いものが多くあります。

とはいえ、それを理由に加工食品を何でも避けてしまうと食品の選択肢がほとんど無くなってしまいますし、人によっては食品にごく微量のグルテンが残留しているだけであれば支障なく食べられるという食品もあるかと思います。

そこでこの記事では、グルテンフリーダイエットをしている人は、具体的にはどんな食品を避ける必要があるのか、またそれにあたって留意しておくと良い点について説明していきます。

 

グルテンを含む主な食品

それでは、グルテンフリーダイエットで避けたほうが良い食品にはどのようなものがあるのか、以下に一覧で挙げていきます。

 

穀物

まず、穀物の中では以下のような麦類とそれらを使用した加工食品を避ける必要があります。

パンコムギ・普通コムギ

デュラム小麦

スペルト小麦

ヒトツブコムギ・エインコーン(古代小麦)

カムット小麦・ホラーサーン小麦(古代小麦)

ライコムギ(小麦とライ麦の交配種)

エンマー小麦(古代小麦)

ファッロ

大麦

ライ麦

 

加工食品・食品添加物

上記の穀物に由来する材料を使用した加工食品は多くありますが、主なものとしては以下のようなものが挙げられます。

パスタ・うどん・(十割以外の)そば・ラーメン・素麺など

パン・ピザ生地

餃子・春巻・点心・中華まんなど

原材料に麦芽エキスを使用したコーンフレーク・グラノーラなどの一部のシリアル

洋菓子(ケーキ・ドーナツ・クレープ・シュークリームなど)

一部の和菓子(今川焼き・たい焼き・饅頭・カステラなど)

一部のスナック菓子

お好み焼き・たこ焼き・チヂミ

一部の練り物(かまぼこ・魚肉ソーセージ・はんぺん・ちくわなど)

ハンバーグ

たまり醤油以外の醤油

麦味噌

カレールー

レトルト食品

穀物酢(および穀物酢を使ったドレッシングなど)

アミノ酸液

ビール

小麦由来のでん粉・加工でん粉

パン粉

オーツ麦・オーツ麦を含む加工食品

小麦由来の植物性たんぱく

麦芽エキス

麦芽水飴・麦芽シロップ、これらを含む加工食品

ビール酵母

小麦を含む食品と同じ工場で作られたもの(コンタミネーションが発生している恐れがあるため)

唐揚げなど衣に小麦粉を使用している揚げ物

ファストフード店などのフライドポテト(油を他の揚げ物と共有して使用している場合)

小麦若葉・大麦若葉を使用した青汁

なお、食品ではありませんが、以下のような日用品にもグルテンが含まれている場合があるため、人によっては留意しておくと良いかもしれません。

薬・サプリメント

化粧品

歯磨き粉

ハンドクリーム

シャンプー

 

グルテンフリーダイエットを実践する時の留意点

では次に、食事からグルテンを除去する上で留意しておくと良い点について説明します。

 

製品のラベルを確認する

上記に挙げたような食品にグルテン(小麦・大麦由来の原材料)が含まれていることが多いですが、必ずすべての製品がそうだとは限らず、たとえば「小麦アレルギーに対応したレトルト製品」や、「小麦を原材料に使用していない醤油」「グルテンフリービール」「米粉の皮を使用した餃子」といった例外的なものもあります。

また逆に、和菓子であれば食べられるものが多いというイメージがあるかもしれませんが、和菓子の中にも小麦、もしくは大麦由来の甘味料を使ったものもあるため注意が必要です。

そのため、この食品は駄目、もしくは大丈夫だと先入観などで決めて付けてしまわずに、製品のラベルに記載されている原材料を確認して購入する製品を選ぶと良いです。

 

揚げ物に注意する

たとえばフライドポテトのように、材料には小麦を使っていなかったとしても揚げ油を他の食品と共有していることでコンタミネーションが発生している恐れのある食品もあります。

そして、ファストフード店などではたいてい揚げ物は共有して使用しているようなので、グルテンを厳密に避ける場合には、そうした一見問題がなさそうな食品にも注意しておく必要があります。

 

どの程度の食品のを避けるかは個々に判断する

グルテンフリーダイエットを実践するとはいっても、必ずしも完全に除去しなければいけないということではなく、実際にどの程度までを避けるかということはグルテンフリーを実践する目的によって個々に違ってきます。

たとえば、グルテンを除去する目的が体調不良を改善するためであれば、状態によっては小麦由来の調味料まで避けなくても、パンやパスタなどの小麦製品を避けるだけで十分効果が得られる場合もあるかもしれません。

そうした場合には上記食品の中から小麦を主原料にしたものだけを避けるようにする、もしくは微量のグルテンを摂ってしまっただけでも症状につながるなど大きな影響を受ける場合には、コンタミネーションにも注意してより厳密に除去するようにするなど、必要に応じて食べるものを選んでいくと良いです。

また、もし完全にグルテンを食事から除去する場合には、加工食品や惣菜はほとんどが食べられず必然的に自炊が多くなるなど、大変なところがあるかもしれません。

とはいえ、食べられる食材を使って工夫しながら自炊すると、たとえば手作りのドレッシングやマヨネーズの美味しさが新鮮に感じたり、添加物などなく自分で選んだ材料でつくった料理のシンプルな味わいが美味しく感じたりといった発見もあるので、そうした点を楽しみながらグルテンフリーダイエットを続けていければ良いのではないかと思います。

 

-食べてよいもの・いけないもの

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.