グルテンフリーダイエットで使えるカレールウ

投稿日:

日本人にはカレーライスが好きだという人は多いです。

そして、カレーライスを作る時には市販のカレールウを使う人が多いかと思います。

ただ一般的なカレールウの原材料にはほとんど小麦粉が含まれているため、それらはグルテンフリーダイエットでは使用することができません。

ではグルテンフリーダイエットではどんなカレールウが使用できるのか、もしくはカレールウを使わずにグルテンフリーのカレーライスを作る場合の方法について、この記事では説明したいと思います。

 

グルテンフリーのカレールウ

それでは、以下にグルテンフリーダイエットで使用できるカレールウについて説明してきます。

 

小麦粉を使用していないカレールウ

市販されているカレールウの中には、小麦粉の代わりに米粉などのグルテンフリーの粉を使ってつくられているものがあります。

手軽に小麦粉を使用したカレールウのような美味しいカレーライスを作りたいという場合には、こうしたカレールウを用意すると良さそうです。

ただし、米粉を使ったカレールウとはいっても、必ずしもグルテンフリーということを意識したものとは限らず、「醤油」のような小麦由来の原材料や「酵母エキス」や「麦芽エキス」のような大麦由来の原材料が含まれているものもあります。

また、製品によっては小麦を使用した製品と同じ製造設備を使用していてコンタミネーションが発生している恐れがあるものもあります。

小麦を使用した醤油や少量含まれる麦芽エキスや酵母エキスには問題ないという場合もあるかもしれませんが、たとえ米粉を使用したカレールウであっても、「米粉」という文字を見ただけでグルテンフリーだと考えてしまわずに、どんな材料が使われているのかパッケージに書かれている原材料を確認して選ぶことが必要です。

もしくは、海外製のものであれば、原材料にグルテンを使用した原材料が含まれていない、もしくは原材料に含まれていても製品のグルテン含有量が20ppm未満である「Gluten Free」とパッケージに記載されている製品を選ぶと安心です。

 

小麦アレルギーに対応したカレールウ

カレールウの中には、小麦アレルギーなどの人に向けた特定7品目不使用のカレールウがあります。

たとえば大豆や乳製品などグルテン以外にも複数避けたい食品がある場合やコンタミネーションを避けたい場合に、そうした製品を選ぶと良いかもしれません。

ただし特定7品目には対応していても、「酵母エキス」(ビール醸造時の酵母を使用したもの)のような大麦由来の原材料が使用されている場合もあることに注意が必要です。

 

カレーパウダーと米粉

カレールウそのものを用意する方法ではありませんが、材料にスパイスのみで構成されたカレーパウダーを使い、とろみ付けに米粉などの粉を使用して作るということもできます。

たとえばカレールウに含まれる添加物や植物油を摂りたくないといった場合には、そうした作り方が良いかもしれません。

私はできる限り添加物や一般的な植物油を摂りたくないため、カレーライスを作る時にはあえてカレールウを使用せず、小麦不使用のコンソメや醤油などで味を整えてカレーパウダーととろみ付けの米粉を加えてつくるようにしています。

そうするとカレールウを使った場合と比べるとさっぱりとした感じに仕上がり、もの足りなさはありますが、私はそこにココアパウダーを加えて深みのある色合いや味わいを出すようにしています。

米粉以外の粉や生クリームなどを使うなど、作り方はいくらでもありますが、個人の嗜好に合わせて、いろいろな方法を試して工夫してながら好みにあったものをつくってみると楽しめるかと思います。

ただし、純粋なスパイスを使う場合でも、製造過程でコンタミネーションが発生している恐れもあることに注意が必要です。

 

まとめ

以上、グルテンフリーで使用するカレールウについてまとめました。

市販のカレールウの中には、米粉を使用したものやアレルギー対応のものなど、小麦粉を使用していない製品もたくさんあります。

人によってはそうした製品を使っても問題ないこともあるかと思いますが、中には小麦を使用した醤油や麦芽エキスなどの原材料が含まれていることもあるので注意が必要です。

もしそういった原材料を避けたい場合には、海外製のパッケージに「Gluten Free」と書かれた製品を購入すると安心です。

またはカレールウを使用せずにカレーパウダーに米粉などの粉を組み合わせてつくるということもできるので、自分の好みやつくる際の手間など考慮しながら適したやり方を選ぶと良いかと思います。

-料理・お菓子作りの材料

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.