コンビニエンスストアで買えるグルテンフリー食品

投稿日:

時間に関係なく買い物ができる便利なコンビニエンスストアをよく利用する人は多いかもしれません。

コンビニエンスストアにはお菓子やお弁当などあらゆるものが揃っていますが、グルテンフリーダイエットをしている人には選べる食品はある程度限られてしまいます。

そこで、この記事ではコンビニエンスストアで購入できるグルテンフリー(原材料に小麦・大麦・ライ麦を使用していない)製品にはどのようなものがあるのか、そして購入する際の注意点を説明していきます。

 

コンビニエンスストアで買える食品

それでは、以下にコンビニエンスストアで買えるグルテンフリー食品(小麦・大麦・ライ麦不使用の食品)についてまとめていきます。

 

グルテンフリーの食品リスト

まず、コンビニエンスストアで販売されている食品の中で、小麦・大麦・ライ麦が不使用もしくは使用されているケースが少ないものには以下のような食品が挙げられます。

一部のおにぎり(塩むすび、鮭おにぎりなど)

パックごはん

ゆで卵

ソイジョイ

ダークチョコレート・高カカオチョコレート

一部のスナック菓子(ロールココ、化学調味料無添加・じゃがいも・塩・油のみでつくられたポテトチップス、野菜チップス、芋けんぴなど)

羊羹・大福などの一部の和菓子

ゼリー飲料

ヨーグルト

チーズ

ゼリー

プリン

一部のホットスナック

ミネラルウォーター・緑茶などのドリンク類

ミックスナッツ(無添加・無塩のものもしくは油・塩のみが添加されたもの)

一部の缶詰(醤油などで味付けされていないもの)

納豆(付属しているたれを除く)

枝豆

漬物

フルーツ

 

上記の食品を購入する際の注意点

次に、上記のような小麦・大麦・ライ麦が使われていない製品を購入する際やその他コンビニエンスストアで買い物をする際に留意しておきたい点について説明します。

 

コンタミネーション

たとえ原材料に小麦などのグルテンを含む穀物が含まれていない製品でも、製造工程におけるコンタミネーションが発生して微量のグルテンが混入していることもあります

わずかな混入も気になる場合には、あらかじめ製品のラベルに書かれているコンタミネーションの情報を確認しておくと良いです。(たとえば「この製品は小麦を使用した製品と同じ工場で製造されています」といった文言が書かれている場合には注意が必要です)

また、レジ付近で売られているホットスナックなど油で揚げているものについては、揚げ油を他のものと共有していることでコンタミネーションが発生していることもあり得ます。ポテトフライなどの一見グルテンフリーと思われるものでも注意しておく必要があります。

 

製品ごとにラベルを確認する

上記のリストに挙げた食品は小麦や大麦などが使われていることは少ないと思われますが、念のために製品のラベルで原材料を確認しておくと良いです。

たとえば和菓子など一見問題ないように思えるものでも、麦芽水飴などの甘味料が使用されているとグルテンフリーとはいえないため留意しておく必要があります。

 

醤油・酢が使用されている製品

おにぎりなどの製品の中には醤油や酢を使用したものがあります。

たとえばおにぎりでも具材が唐揚げとなると確実にグルテンフリーとはいえませんが、味付けに使われている醤油が小麦由来だというだけであれば、人によっては問題なく食べられるケースもあります。

もし小麦由来の醤油に問題がなければ、シンプルな鮭や昆布などの具材のおにぎりを選ぶ、もしくは酢に問題がない場合には握り寿司や巻き寿司などを選ぶといったことも可能です。

 

ホットスナック

コンビニエンスストアのレジ横などで販売されているホットスナックには唐揚げなどグルテンフリーではないものも多くありますが、一部小麦や大麦などが使用されていないものもあります。

そうした製品を購入する場合には、以下の製品を選ぶと良さそうです。

スペシャルビッグフランク(セブンイレブン)

パキッとあらびきフランク(セブンイレブン)

ペッパーあらびきフランク(セブンイレブン)

ジューシーあらびきフランク(セブンイレブン)

ハッシュドポテト(ファミリーマート)

マヨネーズ・ケチャップなど(ファミリーマート)

ジャンボフランク(ファミリーマート)

スパイシーチーズフランク赤(ファミリーマート)

ジャイアンとポークフランク(ローソン)

参考
セブン-イレブン ホットスナック
FamilyMart 栄養成分値・アレルゲン
揚げ物|ローソン

 

まとめ

以上、コンビニエンスストアで購入できるグルテンフリー食品について説明しました。

上記のように、コンビニエンスストアではグルテンフリー、つまり小麦・大麦・ライ麦を使用していない食品もある程度選んで購入することができます。

たとえば食事にするものであれば、シンプルな原材料が使われたおにぎりを選ぶ、お菓子であればシンプルな塩味のポテトチップスやミックスナッツなどを選ぶと良さそうです。

ただし原材料には小麦や大麦などの穀物が含まれていなくても、油で揚げているものは揚げ油からコンタミネーションが発生しているケースもあること、また他の加工食品や惣菜にも製造工程におけるコンタミネーションの恐れはあるため、微量の混入も避けたい場合にはその点にも注意が必要です。

-食べてよいもの・いけないもの

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.