飲んではいけない飲み物

更新日:

スポンサーリンク




飲み物はあまりグルテンとは関連がないように思えるかもしれませんが、清涼飲料水の中には小麦や大麦に由来した原材料を使ったものがあります。

つまり、グルテンは食べ物だけではなく飲み物にも含まれていることがあるため、食事と同様に注意が必要です。

そこで、この記事ではグルテンフリーダイエットをしている人が飲んではいけない飲み物にはどんなものがあるのかについて説明したいと思います。

 

グルテンフリーダイエットで飲んではいけない飲み物

それでは、以下にグルテンフリーダイエットで飲んではいけない飲み物について説明します。

 

避けるべき飲み物の種類

まずは以下に飲んではいけない飲み物にはどんなものがあるのかを一覧で挙げていきます。

  • 大麦ココア・大麦コーヒー、麦芽コーヒー味の豆乳などの大麦を含む飲料
  • 爽健美茶(原材料には大麦・大麦若葉が含まれる)
  • 麦茶
  • 麦焼酎・ウィスキー・ウォッカなどの蒸留酒
  • ビール(大麦を発芽させた麦芽が主原料になるため)
  • 発泡酒
  • ネスレ・ミロ
  • 一部のノンアルコールビール(オールフリー・龍馬1865・ビットブルガー・バイスビアエルディンガーなど)
  • 純米系以外の日本酒
  • 合成清酒
  • 一部のワイン
  • 大麦若葉・小麦若葉を使用した青汁

上記のように、飲み物の中には原料に大麦を使ったものがいくつかあるため、それらはグルテンを含む食品と同じように避けるべきものとなります。

また大麦・小麦を原料に使ったお酒もあるので、アルコールについても飲めるものと飲めないものを覚えておくことをおすすめします。

お酒について詳しくはこちらの記事を参照ください

飲んでも良い・避けたほうが良いお酒の種類

グルテンが含まれているのは食べ物だけではなく、アルコールなどの飲み物にも含まれていることがあります。 グルテンフリーダイエットをしていてもお酒を飲みたい時もありますし、そんな時にどんなお酒なら飲めるの ...

続きを見る

 

大麦若葉・小麦若葉の青汁を避けた方良い理由

上記の飲んではいけない飲み物の種類に、大麦若葉や小麦若葉の青汁がありました。

これらはケールなどの青汁とともによく見掛けるものですが、青汁とはいえ大麦や小麦に関係するものなので、飲んでも良いのかどうか疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

結論からいうと、青汁の原料となる大麦若葉や小麦若葉は本来グルテンフリーなのですが、コンタミネーションしていることが多いため避けたほうが良いといえます。

ちなみに、そもそも「大麦若葉」「小麦若葉」とは何かと言うと、大麦もしくは小麦が穂をつける前の生長段階にある若い葉の部分のことをいいます。それらを粉砕して粉にしたものが青汁として使用されています。

そして、この大麦・小麦若葉はグルテンフリーの植物です。

なぜかというと、グルテンは小麦や大麦の「種子」にあたる部分に含まれており、茎や葉の部分には含まれていないからです。

つまり、種子がつく前の段階で収穫した大麦・小麦若葉を使用した青汁はグルテンフリーですが、製品の中には「種子の破片が混じっている」「小麦・大麦・ライ麦を含む製品と同じ設備または同一の工場で製造されている」といった理由で微量のグルテンが混入している恐れもあります。

ですので、大麦・小麦若葉の青汁を問題なく飲めるという人もいるとは思われますが、微量のグルテンでも影響を受ける人は注意しておくほうが良いと思われます。

 

その他留意しておいたほうが良い飲み物

基本的にはグルテンが含まれている飲み物ではありませんが、グルテンが駄目な人の中には以下の飲み物で反応することがあるケースもあるようなので、人によっては注意しておくと良いかもしれません。

  • ハトムギ
  • どくだみ茶(原料にハトムギが含まれることがある)

 

まとめ

以上、グルテンフリーダイエットで飲んではいけない飲み物について説明しました。

グルテンフリーというとまず食べ物が思い浮かびますが、飲み物の中には大麦や小麦を原料にしたものがいくつかあるため、それらは食べ物と同様に避ける必要があります。

大麦若葉や小麦若葉の青汁は穀物(種子の部分)が原料ではなく、本来はグルテンフリーではありますが、コンタミネーションの恐れが高いです。

中には支障がなく飲める人もいるかと思われますが、わずかなグルテンにも影響する人は避けるべき飲み物として注意しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク







-飲み物

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2019 All Rights Reserved.