飲んでも良い・避けたほうが良いお酒の種類

投稿日:

グルテンが含まれているのは食べ物だけではなく、アルコールなどの飲み物にも含まれていることがあります。

グルテンフリーダイエットをしていてもお酒を飲みたい時もありますし、そんな時にどんなお酒なら飲めるのかと悩むこともあるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではグルテンフリーダイエットで飲んでも良いお酒と避けたほうが良いお酒の種類について説明したいと思います。

 

飲んでも良いお酒

それでは、まずグルテンフリーダイエットで飲んでも良いお酒の種類について見ていきます。

飲んでも良いお酒、つまり小麦・大麦などのグルテンを含む穀物を使用しないでつくられているお酒には以下のものがあります。

  • ワイン
  • 純米系の日本酒
  • ラム
  • シードル
  • ジン
  • 泡盛
  • テキーラ
  • ブランデー・コニャック
  • グルテンフリービール

上記のように「(原材料にぶどのみを使った)ワイン」「純米系の日本酒」(米・米麹・水でつくられた日本酒)などのお酒は小麦・大麦・ライ麦を使用せずにつくられており、グルテンフリーダイエットも飲んでも良いお酒です。

ただこれらのお酒であっても、フレーバーが含まれているものなど必ずしもグルテンフリーとはいえないものもあるので「ワインならば何でも飲んでも良い」とまでは言えないのですが、基本的には上記の種類のお酒であれば問題ないと考えて良いです。

グルテンフリービールとは?

グルテンを含む穀物を使用せずに、代わりにソルガムや米などの原材料を使ってつくられた「グルテンフリービール」と呼ばれるものがあります。グルテンフリーという点では安全に飲むことができますが、本来とは味や風味などは変わってくるようです。また、海外製のビールで「gluten removed」というタイプものがありますが、これは麦芽を原材料に使用してつくられ、酵素を加えてグルテンや他のたんぱく質を小さな分子に分解したものになります。そのため従来のビールの風味はあってもグルテンフリーといえるものではないことに注意が必要です。

補足情報

ワインはグルテンフリーのお酒ですが、ごく稀に微量のグルテンが含まれることがあります。

(ワインを貯蔵・熟成するオーク樽に密閉剤として小麦などの粉を糊状にしたものが使用されている、「ファニング」という作業に使用する清澄剤にグルテンが使われている場合など)

ただ、そうしたケースはごく稀な上にグルテンが混入した場合にもかなり微量のため、ほぼ症状などの影響が出ることはないと思って良いですが、そういうケースもあるということで微量のグルテンも避けたい人は覚えておくと良いかもしれません。

 

避けたほうが良いお酒

では次に、グルテンフリーダイエットで避けたいお酒の種類について見ていきます。

 

お酒の種類

次に、グルテンフリーダイエットで避けたほうが良いお酒の種類には以下のようなものがあります。

  • ビール
  • 梅酒(焼酎やブランデーに漬けてあるもの)
  • 蒸留酒
  • カクテル(ベースにする蒸留酒による)
  • リキュール(ベースにする蒸留酒による)
  • チューハイ(ベースにする蒸留酒による)
  • サワー(ベースにする蒸留酒による)
  • あんず酒(ベースにする蒸留酒による)
  • アクアビット(ジャガイモに麦芽を加えて糖化し発酵させる)
  • コルン(小麦などの穀物からつくられる)
  • 第三のビール(原材料に蒸留酒を使用しているもの)

では上記のお酒はグルテンフリーダイエットでなぜ避けたほうが良いのか、それぞれ以下に詳しく見ていきます。

 

蒸留酒

蒸留酒は醸造酒を蒸留(醸造酒を温めて揮発したアルコール分を抽出・冷却)してつくられるお酒です。

ラムやテキーラなどはグルテンを含まない原料からつくられますが、以下のように小麦や大麦を使ってつくられているものもあります。

  • ジン(大麦・ライ麦が使用されることが多い)
  • ウィスキー(ほとんどの場合大麦や麦芽が使用されている)
  • バーボン(本来はとうろもろこしでつくられるが大麦を使用したものも多い)
  • ウォッカ(じゃがいも、とうもろこし、ぶどうなどからつくられるが、小麦や大麦、ライ麦が含まれる場合もある)
  • 麦焼酎・芋焼酎(麹に麦が使われているもの)

ただし、これらのお酒は原材料に大麦や小麦などグルテンを含む穀物を使用しているということで避けたほうが良いお酒の種類に含めましたが、実際には蒸留酒は蒸留過程においてたんぱく質は消失しているといわれています。

つまり、原材料にグルテンを含む穀物を使っていても「最終的に蒸留酒として完成したものにはグルテンは残っていない」ため、原材料が何であれ蒸留酒であれば安全に飲むことができるということです。

とはいえ、中には製造過程におけるコンタミネーションや精製度が低いなどの理由で「グルテンが微量に混入している」「たんぱく質の成分が除去されずに残存している」といったケースもあります。

またグルテンが残存・混入している場合でも実際にどの程度グルテンが含有しているかで反応を示すかは人によってもさまざまなこともあり、蒸留酒はOKもしくはNGだということは一律にはいえません。

ですので、なるべく少量から摂取して様子を見るようにするなどして、どの程度であれば飲めるかどうかを状況に応じて判断していくと良いと思われます。

メモ

ちなみに、カクテルやチューハイには上記のような蒸留酒をベースにしたものがあるので、微量のグルテンを避けたい場合には注意が必要です。たとえば、ジンをベースにしたカクテルには「ジン・トニック」・「マティーニ」・「ギムレット」、ウォッカベースのカクテルには「モスコミュール」・「ソルティ・ドッグ」・「スクリュードライバ」などがあります。

 

日本酒

次に日本酒についてですが、まず日本酒は大まかに「特定名称酒」に分類される「純米系」「醸造系」と「普通酒」に分けられます。

この中の「純米系」(純米酒・純米吟醸・純米大吟醸)といわれるものは「米・米麹・水」といった原材料を使ってつくられますが、「醸造系」(本醸造・吟醸・大吟醸)の酒には「(白米の重量の)10%未満の醸造アルコール」、そして「普通酒」には「醸造アルコール・糖類・焼酎」などが添加されています。

この醸造アルコールの原材料には主にさとうきびや米といった穀物が使用されており、小麦や大麦が使用されることはないようですが、原材料が少ない純米系の酒のほうがより安全であることは確かです。

つまり、日本酒の中では「純米系>本醸造系>普通酒>」の順に安全性が高いと考えられるため、個々の状態によってどの程度まで飲めるかを判断して飲むようにすることをおすすめします。

 

まとめ

以上、グルテンフリーダイエットで飲んでも良い・避けたいお酒についてまとめました。

ワインや日本酒など、グルテンを含む穀物を使用せずにつくられたお酒はいくつか種類があり、グルテンフリーダイエットを実践していてもお酒を飲むことができます。

ただ本来小麦などの穀物を使用せずにつくられているお酒でも、フレーバーを含むものなど何らかの理由でグルテンが混入していることもあり、完全に安全だとはいえないので注意が必要です。

またグルテンを含む穀物をつかったお酒は多くの種類がありますが、その中には蒸留酒のように最終的にたんぱく質が消失していてほぼグルテンフリーとなっているお酒もあります。

蒸留酒は安全に飲める人も多いと思われますが、グルテンが残留している恐れもあるので、微量のグルテンも避けたい人は念のために気を付けておくと良いかもしれません。

-飲み物

Copyright© GOING GLUTEN-FREE , 2018 All Rights Reserved.