GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

偏食がひどい場合の理由として考えられる事と慢性的な体調不良がある人が摂り入れたい食事法

calendar

reload

偏食がひどい場合の理由として考えられる事と慢性的な体調不良がある人が摂り入れたい食事法

2015年も大晦日を残すのみとなり、この記事が今年最後の更新となります。

 

今年はグルテンフリーダイエットに加えてリーキーガット・カンジダ対策の食事療法を始め、個人的に食生活に大きな変化がついた年になりました。

 

それらの食事法はどれも、長期にわたる慢性的な体調不良の改善や今後の予防をしたくて摂り入れ始めたことですが、そうした取り組みの中でこれまでの食生活におけるひどい偏食を抱えていた理由が見えてきたように思います。

 

食事を原因とした慢性的な体調不良を抱えている人や偏食のひどい人には参考になる部分もあるかと思いますので、今回は、今年実践した食事療法によって気付いた特定の食材に対する抵抗感を感じる根拠として考えられることと、それを踏まえて来年以降普段の食事に摂り入れていきたい食事法について書いていきたいと思います。

 

偏食の理由として考えられること

まず私は物心ついた頃から食べられる食材の偏りが大きく、理屈としてうまく説明できないけれど拒絶反応があり食べられないというものが数多くあります。

 

幼少期にはそれ自体が悪いことのように言われることが多かったのですが、今になって思えば、もともと駄目だった食材を自分の好みになるように調理して美味しく食べるようになり、食べる頻度が上がってからの方が調子が悪くなったという印象があります。

 

食べるものの幅が広がったという意味では、苦手を克服したように思えて多少いい気分になったところがあったり、違った食材を摂ることで部分的に良い影響があったりもしましたが、自分の感覚を無視して「体に良い」と頭で考える食材を選んだことが、逆に体調のバランスを崩すことにつながったように思えます。

参考記事:これまでの食生活を振り返って気付いた食事と慢性的な体調不良の関連性

 

これはすべての場合に当てはまるとはいえませんし、また極端な言い方になるかもしれませんが、偏食というのは自分の体質に合う食べものを無意識に選り分けているという部分が少なからずあるのではないかと思っています。

 

どれだけ「健康に良い」といわれる食材であってもそれがすべての人に共通するとはいえませんし、必ずしも一般的な良い食品を食べることが自分の健康に良いことだとはいえないので、自分の中での感覚を意識しながら食事を摂っていくようにしようと思いました。

 

2016年以降摂り入れたい食事法

上記のことを踏まえて、来年以降日常に摂り入れたい食事法として「パレオダイエット」を考えています。

 

これは旧石器時代の食事を参考にした食事法で、現代に多い加工食品や穀物などの食材を避け、遺伝的に理想だと思われる旧石器時代と同じような食事を摂ることで未病や健康維持につなげるという趣旨の食事法です。

参考記事:グルテンフリーを内包する旧石器時代の食事法「パレオダイエット」

 

私自身、現在はリーキーガットの治療としてAIP(the autoimmune protocol )パレオに一部沿った食事をしていますが、もし体調がある程度戻っても以前のような食事の仕方に戻すと腸の悪化を繰り返すことになりかねないため、普段の食事にはパレオダイエットを取り入れていきたいと思っています。

 

この食事法に興味を持った理由には、まず旧石器時代の食事が遺伝的に理想的だという趣旨に納得できることや、この食事法で食べても良いとされている食材リストが私自身のもともとの嗜好に近いところがあり自分に合っているように思えたということがあります。

 

また上述したように、もともと体質に合わないものや消化のしにくいものでも嗜好性を強めてたくさん食べてしまうと、それが慢性的な体調不良を悪化させるという意味では必ずしも良いことばかりではありません。

 

その点、人にとって本来消化のしやすい食材やストレスのない食事の仕方を実践できるパレオダイエットは体に負担がかかりにくく健康的な食事法として理解できるように感じられたことも興味を持った理由として挙げられます。

 

人によって程度は異なりますが、食事が日々の体調を左右している部分というのは多かれ少なかれあるかと思いますので、どんな食材をどのように食べるかという趣旨を持っておくことは必要ではないかと思います。

 

2015年暮れのご挨拶と今後のブログ更新について

今年はブログを始めたこともあり、上記のようなことに気付くことができ有意義でした。

 

またたくさんの方にこのブログを読んでいただけて、記事にコメントをくださる方もいらっしゃり、まだ半年程度ではありますがブログを続けてこられたことをうれしく思っています。

 

このブログが何かの参考になっていれば、また来年も読んでいただければ幸いです。

 

現在ブログの更新日は水・土曜日としていますが、基本的に今後も水・土曜日に更新としていきたいと思います。ただ年度末で慌ただしいため、今後場合によってはお休みする日があるかもしれません。その場合でも更新は水・土曜日のいずれかにしていくつもりです。

 

また、初めてのブログ運営で不慣れなところもあり、過去記事の修正をするつもりで作業が追いついていませんが、情報が古い記事もあるので、徐々に修正もしていきたいと思っています。

 

それでは最後になりましたが、今年はブログをご購読いただきありがとうございました。
皆様もどうぞ良いお年をお迎えください。

 

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




fourteen + 8 =