GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

グルテンフリーをしながら飲めるお酒は?

calendar

reload

グルテンフリーをしながら飲めるお酒は?

今回は、お酒についてお話していきます。

例えばお酒を飲みたい時に、どんなお酒がグルテンフリーかと悩むことはありますか?
私はあまりアルコールは摂りませんが、たまにワインなど飲みたくなることもあります。
ワインはぶどうが原料になっているため問題ありませんが、中には飲んでも大丈夫だと思っていても意外にも原料に小麦や大麦が使われているものもあります。

 

別の記事(関連記事:グルテンフリーでは飲みものにも注意を)で、グルテンを含む可能性のある飲みものについて触れましたが、アルコールの中で原料に麦類を使用しグルテンを含む可能性があるものとないものを以下にまとめましたので、どうぞ参考にしてください。

 

原料に麦類が含まれないお酒

  • ワイン
  • 日本酒(純米系・本醸造系)
  • ラム
  • ジン
  • 泡盛
  • テキーラ
  • ブランデー・コニャック

 

なお、原材料にぶどうのみを使ったワインや純米系・本醸造系の日本酒は基本的にグルテンフリーですが、場合によってはほんの微量のグルテンが混入している可能性があります。ほとんど影響を受けることないと思われますが、微量のグルテンでも影響がある場合には注意しておくと良いかもしれません。

【参考記事】
ワインに微量のグルテンが含まれるケースとは
グルテンフリーダイエットに適した日本酒とそうでない酒の種類

 

原料に麦類を含む(もしくは可能性がある)お酒

  • ビール
  • 梅酒(焼酎やブランデーに漬けてあるもの)
  • 麦焼酎
  • 芋焼酎(麹に麦が使われている場合がある)
  • バーボン(原料にライ麦・小麦・大麦が使われる)
  • ジン(大麦、ライ麦などを蒸留してつくられる)
  • カクテル(ベースにする蒸留酒による)※
  • リキュール(ベースにする蒸留酒による)
  • チューハイ(ベースにする蒸留酒による)
  • サワー(ベースにする蒸留酒による)
  • あんず酒(ベースにする蒸留酒による)
  • ウィスキー(大麦、ライ麦が原料に含まれる)
  • スコッチウィスキー
  • バーボンウィスキー
  • ウォッカ(大麦、小麦、ライ麦が原料に使われる)
  • アクアビット(ジャガイモに麦芽を加えて糖化し発酵させる)
  • コルン(小麦などの穀物からつくられる)

 

※カクテルの中では、ジンをベースにしたものには「ジン・トニック」・「マティーニ」・「ギムレット」・などがあり、ウォッカベースのものには、「モスコミュール」・「ソルティ・ドッグ」・「スクリュードライバ」などがあります。

 

なおウィスキーなどの蒸留酒には原料に大麦などが含まれますが、蒸留する際に適切な過程を経ていればグルテンはほとんど残らないとされています。そのため基本的にグルテンフリーだといえますが、どの程度のグルテンで影響を受けるかは個々に違ってきますので、微量のグルテンにも反応するという場合にはそれらのお酒にも注意しておくと良いかもしれません。

 

また逆にビールはグルテンフリーではありませんが、海外で製造されているビールの中には、グルテンフリービール(原材料に麦芽などのグルテンを含むものを使用していないビール)やグルテンを酵素で分解して安全性を高めたビールがあり、そうしたビールはグルテンに過敏な人でも飲める場合もあるといわれています。これについて、詳しくは以下の記事を参照ください。

参考記事:グルテンフリービールとグルテンリムーブドビールの相違点

 

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




three × 3 =