GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

レクチンが及ぼす影響と特に避けたい食品

calendar

今回は、消化機能に損傷を与えるとされるレクチンの種類や、レクチンを多く含む食品について書いていきたいと思います。

 

レクチンは腸の透過性を高めるなど消化機能に問題を起こすとされ、レクチンに対して過敏である場合には人によってさまざまな症状が起きるといわれています。

 

グルテンを構成するグリアジンはプロラミンというレクチンの一種ですが、グルテンに過敏な場合には他のレクチンを摂取した場合にもグルテンと似た症状を引き起こす場合があります。

参考記事:グルテンフリーダイエットの「グルテン」とは何を指すか

 

そこで、今回はレクチンの種類やレクチンの摂取を軽減できる避けたい食品についてまとめていきたいと思います。

 

レクチンとは

まず、レクチンの定義と健康に影響のあるレクチンの種類について説明します。

 

レクチンの定義

レクチンは特定の糖と結びついて凝集反応を起こすたんぱく質の総称で、人を含めて全ての生体に見られるものです。

 

食品においてもほとんどすべてのものに含まれていますが、レクチンといってもさまざまな種類があり、含有量が多いものや害のあるものはある程度限られます。

 

人の健康に影響を及ぼすレクチン

中でも人の健康に良くない影響があるものとしては「プロラミン」と「アグルチニン」という2種類のレクチンがあるとされています。

 

プロラミンは鳥や動物などから種子を守る目的で主に植物の種子に含まれます。プロラミンとして最も知られているのがグルテンで、消化が難しく摂取することで消化管に損傷を与える可能性があります。

 

アグルチニンは真菌の増殖を防ぐという役割を持つことから穀物の種皮に多く含まれ、小麦胚芽、いんげん豆や遺伝子組み換えされた小麦や大豆などに多く含まれているとされています。

 

レクチンの摂取による影響・症状

レクチンは腸壁の細胞膜の炭水化物と結びついて損傷を与え、消化不良やリーキーガットなどを起こす原因になります。

 

またレクチンの摂取量が多い場合やレクチンに対する抗体がつくられると自己免疫反応やアレルギー症状を起こすことがあります。

 

レクチン過敏に関連する症状には主に以下のようなものがありますが、症状の現れ方は人によって異なり、過敏性が高いほど症状が多く見られるようです。

  • 食後の疲労感
  • 膨満感
  • 皮膚炎・湿疹
  • 便秘・下痢
  • 過敏性大腸炎
  • 頭痛・片頭痛
  • 睡眠障害
  • ブレインフォグ
  • リウマチ関節炎
  • カンジダ症
  • 慢性疲労

 

レクチンを特に多く含む食品

食品の中でもレクチンを特に多く含むものには、以下の4種類があります。

  • 穀物(グルテン含有穀物やグルテンを含まない米やとうもろこしなどを含む)
  • 乳製品(特に穀物を餌としている牛の乳製品)
  • ナス科植物
  • 豆類(ピーナッツを含む)

 

これらの食材を含む食品はかなり多くありますが、それだけにこの4種類を避ければレクチンの摂取量を大きく減らすことができるとされています。ただすべて摂取するのを避けて、ある程度改善が見られれば再導入して自分にとって影響のある食材を特定していくことも必要です。

 

なお市販のグルテンフリー食品を摂る場合、たとえばグルテンの含有量は20ppm以下でグルテンフリーとされていても、小麦の代替として使用されている穀物にはキヌアやとうもろこしなどの消化管に損傷を与える可能性があるものが含まれるため注意が必要です。

 

また穀物にはグルテンと似た構造のプロラミンが含まれるため、交差反応を起こす場合があるといわれています。

参考記事:グルテンと同じような反応を起こす交差抗原

 

遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換えされた食品はアグルチニンが多く含まれ、特に害をもたらすといわれます。遺伝子組み換え食品は避け、そうでない食品を選ぶようにします。

 

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




17 − 5 =