GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

リーキーガット症候群の原因と個別ケースにおいてポイントとして押さえておきたいこと

calendar

reload

リーキーガット症候群の原因と個別ケースにおいてポイントとして押さえておきたいこと

グルテンフリーダイエットをしている人の中には、グルテンに起因する症状だけではなくリーキーガット症候群による症状を抱えている人も多いかもしれません。

リーキーガットになる原因にはさまざまなものがありますが、その中でもグルテンは主要なものとして挙げられています。

とはいえグルテンによる影響は人によって違いがありますが、セリアック病の人やグルテンに過敏な人は、特にグルテンの摂取によって状態が悪化しやすいといわれています。

そこで今回は、グルテンがどのようにリーキーガットにつながるのか、その他原因になるものにはどのようなことがあるのか、またリーキーガットが悪化する原因として押さえておくと良いと思われる点についてまとめていきたいと思います。

参考記事:腸の粘膜に穴を開ける「リーキーガット症候群」とは?

 

リーキーガット症候群の原因

それでは、まずリーキーガット症候群の原因となることについて順に説明していきます。

 

グルテンの摂取

グルテンはリーキーガット症候群の主要な原因の一つとされています。

グルテンは「グリアジン」「グルテニン」というたんぱく質で構成されていますが、このうちの「グリアジン」は腸の透過性を高める「ゾヌリン」というたんぱく質の放出を促進するといわれています。

そしてこのゾヌリンが放出されると、腸上皮細胞間を結合して分子が通り抜けるのを防ぐ「タイトジャンクション」と呼ばれる細胞間結合が開き、腸の透過性を高めることにつながります。

なお、血中におけるゾヌリンのレベルは特にセリアック病の人に高いとされ、セリアック病の人がグルテンを摂ると著しく透過性を高めるといわれています。

(また、非セリアックグルテン過敏症の人や一部の過敏性腸症候群の人にも同様の傾向が見られたという調査結果があるようです)

ただし、上記のような人にとってはグルテンは腸の透過性を高める原因となりますが、これは健康な人にとっても同じという訳ではないため、どんなケースでも必ずグルテンがリーキーガット症候群の原因になるということではないようです。

 

カンジダ菌の増殖

リーキーガット症候群の原因には、「カンジダ菌の増殖」が関係している場合も多いといわれています。

カンジダ菌は通常「酵母形」といわれる丸い形状をしていますが、「菌糸形」とよばれる菌糸状になると、菌糸が腸壁の細胞に入り込み、食い込んで穴を空けるため透過性を高めることにつながるといわれています。

参考記事:グルテンへの不耐につながる「カンジダ」とは

 

その他の原因

グルテンやカンジダ菌以外にも、リーキーガットの原因となり得ることにはさまざまなものがあります。

その他の主な原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 乳製品(カゼイン)
  • 精製炭水化物
  • レクチン・サポニン・アルカロイド
  • アルコールの過剰摂取
  • カフェイン
  • トランスグルタミナーゼ(すり身などに使われているたんぱく質をつなげる接着剤)
  • 毒素の蓄積
  • 抗生物質
  • 非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェン・アスピリンなど)
  • 腸内バランスの悪化
  • 栄養障害(特に亜鉛やビタミンA)
  • 長期間にわたる慢性的なストレス
  • 激しい運動

上記のように、リーキーガットはグルテン以外にも乳製品、カフェイン、レクチンやサポニン、精製された炭水化物などの身近な食品や飲料、また医薬品の摂取、ストレスなどの生活習慣が原因として関わっていることに注意が必要です。

【参考記事】
カゼインの種類と問題点・消化機能が弱い人にも安全な乳製品まとめ
「ナス科野菜」を摂る場合の問題点と過敏性がある食材を切り分ける方法
レクチンが及ぼす影響と特に避けたい食品

 

リーキーガットの原因として押さえておきたいこと

リーキーガットの主な原因としては上記のようなことが挙げられますが、ここからは、私自身の経験をもとに、個別のケースにおいてリーキーガットの悪化につながる原因についてポイントして押さえておきたい点について書いていきます。

 

個別のケースにおいてポイントとして押さえておきたいこと

私はもともと消化管に関する問題は長く抱えていましたが、(その症状を改善しようという目的も含めて)図らずも上記のような食品や医薬品を多く摂ってしまったところ、かなり症状が悪化することになりました。

今になってその時のことを振り返ってみると、どれだけ上記のようなことが影響していたかを実感しています。

ただし、グルテンフリーダイエットを始めてからもうすぐ4年、リーキーガットの食事療法を始めてからは2年近くになろうとしていますが、グルテンを含めた除去食やサプリメントの摂取などを行う中で徐々に症状が軽くなっていくのと同時に、自分にとって症状の原因となっていた食材を認識してそれらを避けるようにすることで比較的大きく症状が改善し、そのひどく悪化した状態から回復することができました。

また、共通したリーキーガットの原因としては挙げられてはおらず、また自分でも自覚していなかったけれど負担になっていたと思われる食材(動物性たんぱく質)もあり、それらを除去することで腸内環境の改善につながり、かなり以前から抱えていた慢性症状のいつくかが改善されるようにもなりました。

すでにリーキーガットがある場合には、改善するために「悪化につながりやすい食品を避けて健康的なものに置き換える」「腸の改善に必要な栄養素を摂る」「腸内環境を整える」といったことを行うことが必要になりますが、それと同時に自分にとって症状の原因となるものを見つけて、それらを除去するなどを今後の食事の指針としていくようにすると良いかと思います。

【参考記事】
リーキーガット症候群の改善に必要なこと
リーキーガットの改善に必要とされる主なサプリメントと摂取時の留意点リーキーガットに効果的なたんぱく質「ホエイプロテイン」と「コラーゲン」の活用法
リーキーガットの改善に役立つ脂質の種類
これまでの食生活を振り返って気付いた食事と慢性的な体調不良の関連性

 

症状の原因となる食材を確認するには

何が症状の原因になっているかは分かりづらいところもありますが、一般的な原因として挙げられている食品をある程度除去しても改善しない症状がある場合には、日頃意識せずに摂っている食材が原因となっている可能性もあるため、それらをしばらくの期間除去して症状に変化があるかどうかを確認することで、影響の有無を確認することができます。

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




three × 3 =