GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

ヒスタミン不耐性になる原因と主な症状・治療法のまとめ

calendar

reload

ヒスタミン不耐性になる原因と主な症状・治療法のまとめ

リーキーガットやセリアック病などの腸に関連する問題は「ヒスタミン不耐性」の原因となる可能性があるといわれています。

消化機能に問題がありグルテンフリーダイエットをしているという人にとっては、この症状が付随して起こる可能性もあり、関連する部分が大きいと思われるため、今回はヒスタミン不耐性の症状や原因、対処法などについてまとめていきたいと思います。

 

ヒスタミン不耐性の概要・症状・原因

それでは、まずヒスタミン不耐性の概要や主な症状、原因となることなどについて説明します。

 

ヒスタミン不耐性とは

「ヒスタミン」は(体内においても生成されますが)、食品に存在する化学物質の一つで、中でも発酵食品など特定の食べものに多く含まれています。

通常であればヒスタミンを含む食事を摂ること自体は問題ではありませんが、「ヒスタミンを分解する消化酵素が不足している」「ヒスタミンを多く含む食品を摂る」といったことが理由となって体内におけるヒスタミンが過剰な状態になると、アレルギーに似た症状が発生します。こうしたヒスタミンに対して過敏な状態となることをヒスタミン不耐性といいます。

 

症状

ヒスタミン不耐性の症状には、主に以下のようなものがあります。

  • 湿疹・皮膚炎
  • 低・高血圧
  • イライラ感
  • 頭痛・偏頭痛
  • 胸焼け・吐き気・腹痛
  • ブレインフォグ
  • 疲労感
  • 入眠困難
  • 気分の変動

(ただしどんな症状が出るかは人によって異なるため、以下の症状に当てはまらないこともあります)

 

ヒスタミンを多く含む食品

ヒスタミンはどの食品にもある程度は含まれますが、上記のような症状を起こすきっかけとなる「ヒスタミンを多く含む食品」には、主に以下のようなものがあります。

  • 作り置きした肉類
  • 缶詰・燻製の魚・肉類
  • 発酵させた乳製品
  • 大豆発酵食品(醤油・味噌など)
  • 加工食品
  • パン(特に小麦を使用したもの)などのイーストを用いた食品
  • 豆類
  • ナッツ類
  • ドライフルーツ
  • きのこ類
  • シーフード・貝類
  • コーヒー
  • 酢・酢を含む食品
  • ボーンブロス
  • 茄子・ほうれん草
  • ワインやビール、シャンパンなどのアルコール
  • ココア・チョコレート
  • 添加物・保存料

上記のリストを見ても想像がつくかと思いますが、ヒスタミンは作られてから時間が経った加工食品や発酵食品などに多く含まれます。

また、それ以外にもともとヒスタミンが多い食品もあり、不耐性のある人がこれらの食品を摂ると数時間以内に症状が発生するといわれています。

 

不耐性の原因

上記で挙げた食品は「体内でのヒスタミンの過剰をもたらし症状を起こすきっかけ」となるものですが、その状態を引き起こす「ヒスタミン不耐性」になる原因にはどのようなものがあるかというと、以下のような腸の問題が関連しているといわれています。

  • リーキーガット
  • セリアック病
  • 過敏性腸症候群
  • 腸内環境の悪化
  • カンジダ菌の増殖
  • 栄養不足

なお、これらがヒスタミン不耐性に関連しているとされる理由としては、ヒスタミンを分解する消化酵素の一つ「ジアミンオキシダーゼ」は腸で生産されるところをヒスタミン不耐の人は栄養不足やリーキーガットがあり酵素の生産能力が低いということが挙げられています。

そして、これらの問題とヒスタミン不耐性はお互いに相関しているため、リーキーガットがヒスタミン不耐を悪化させることにつながりますが、逆にいうと腸を改善することでヒスタミン不耐性の症状も解消されるようになるといわれています。

【参考記事】
リーキーガット症候群の概要・原因・症状・対処法についてのまとめ
グルテンへの不耐につながる「カンジダ」とは
セリアック病の原因・症状・診断方法・治療法などのまとめ

 

ヒスタミン不耐性の改善に必要なこと

では、次にヒスタミン不耐性を改善するためにはどのようなことが必要となるかについて見ていきます。

 

リーキーガットの改善

腸壁が損傷していると充分な消化酵素を生産できず過剰なヒスタミンを処理することができない状態となるため、ヒスタミン不耐性を改善するために、まず腸壁の修復や腸内環境の改善を図っていく必要があります。

【参考記事】
リーキーガットに効果的なたんぱく質「ホエイプロテイン」と「コラーゲン」の活用法
リーキーガット治療におけるバターの効果と使用する際の留意点
リーキーガットの改善に役立つ脂質の種類

 

ヒスタミンが少ない食事を摂る

腸が修復するまでの間は、ヒスタミンの多い食品は数週間程度避け、ヒスタミンの少ない以下のような食品を摂るようにします。

  • 新鮮な肉や魚(缶詰などは避ける)
  • グルテンフリーの穀物
  • 新鮮な野菜(茄子・ほうれん草などを除く)
  • 新鮮なフルーツ(柑橘類やベリー類を除く)
  • 卵黄

(また「なるべく食品の作り置きをしない」「残ったものはすぐに一食分ずつ分けて冷凍する」といったことも有効です)

そして様子を見ながら避けていた食品を少しづつ摂り入れていくようにして、どの食材がどの程度の頻度や量を摂るのであれば問題がないかといったことを確かめていく必要があります。

 

その他避けたほうが良い食品

ヒスタミンを多く含む食品以外にも、以下のような食品は「体内に蓄積されたヒスタミンを放出する原因となる」「消化酵素(ジアミンオキシダーゼ)の働きを阻害する」ため避けたほうが良いといわれています。

  • アルコール
  • 紅茶・緑茶
  • 卵の白身
  • トマト・トマト製品
  • 柑橘類・ベリー類

 

サプリメントや栄養素の摂取

上記のほかには、「ヒスタミンを分解する消化酵素をサプリメントで摂る」「過剰なヒスタミンを取り除くビタミンC、B6、銅といった栄養素を摂る」といったことも有効とされています。

ヒスタミン不耐性の症状が見られる場合には、個々の状況に応じて、これらを組み合わせながら改善を図っていくと良いかもしれません。

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




twenty − twelve =