GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

低フルクトースの食材と食事療法の注意点

calendar

今回は、フルクトースの吸収不全がある場合にも比較的安全に摂取できる食品や、低フルクトースの食事療法をする際に注意したい点について書いていきたいと思います。

前回・前々回の記事でフルクトースを摂取する際の影響や避けたい食品について書きました。

フルクトースに関する記事が続きますが、今回はフルクトースの含有量が少ない食品や、食事においてフルクトースを制限する際に注意したい点についてまとめたいと思います。

【参考記事】
果糖吸収不全症がある場合に避けたい食品
グルテンに過敏な人が果糖を摂る場合の影響

 

フルクトースの含有量が少ない甘味料・果物

フルクトースの含有量が比較的少ない食品には、以下のようなものが挙げられます。

甘味料

  • ブドウ糖
  • ステビア
  • 玄米シロップ
  • メープルシロップ
  • アスパルテーム
  • アセスルファムK
  • サッカリン

果物

  • アボカド
  • ライム
  • レモン
  • アプリコット
  • いちご
  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • パイナップル
  • グレープフルーツ

野菜

  • レタス
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • じゃがいも

穀物

  • 白米
  • キヌア
  • オーツ麦
  • タピオカ

その他の食品

  • 肉類
  • 乳製品(甘味が付いたものを除く)
  • ナッツ・種子類

 

果物の中では、柑橘類やベリー類がフルクトースの含有量が少なく他の健康効果からみても良いといわれます。

ただしドライフルーツや缶詰、フルーツジュースはフルクトースの含有量が多いため冷凍されたものやフレッシュフルーツを摂るほうが良いです。また食べる際には空腹時に単独で摂らず食事の一部として少量を数回摂るようにします。

甘味料ではアスパルテーム・アセスルファムK・サッカリンといったものはフルクトースに吸収不全があっても摂ることはできるとされていますが、これらはがんなどの病気との関連があるともいわれていますので注意したほうが良いかもしれません。

またフルクトースが少ない甘味料であっても摂取量が多いと症状を起こす可能性があるため、あまり多量に摂らないように気を付けておくと良いです。

 

グルコースとのバランスが良い食材

フルクトースとグルコース(ブドウ糖)が半々で含まれる、もしくはグルコースのほうが多く含む食材はフルクトースの吸収が高まるといわれていますので、それらの食材を摂るようにすることで症状を抑えられる可能性があります。

グルコースを多く含む主な果物には以下のようなものがあります。

  • アプリコット
  • プラム
  • もも
  • さくらんぼ
  • グレープフルーツ
  • パイナップル
  • いちご
  • ブルーベリー
  • ラズベリー

 

なお上記の食品以外でも、フルクトースを含む食品と一緒にグルコースを含む飲みものや飴などを摂るとフラクトースの耐性を強めることに役立ちます。ただしあくまでグルコースがフルクトースよりも多く摂取する必要があり、フルクトースの量のほうが多い場合過剰分は吸収されなくなるため注意する必要があります。

またグルコースを多く含む飲みものには一般的にコカ・コーラやスポーツドリンクが挙げられていますが、これらは異性化糖(果糖ぶどう糖液糖)が含まれている場合があるため避けておいたほうが良いです。

ブドウ糖については、固形タイプや飲みものにも溶けやすいパウダータイプのものが販売されています。分包されて使いやすく持ち歩きもしやすいものもあるので、甘味料代わりにフルクトースを含むものと一緒に摂ったり症状が出た時に摂取して悪化を防いだりするのに役立ちます。

 

 

フルクトースを制限する場合の注意点

フルクトース吸収不良がある場合、フルクトースの含有量が多い食材に問題がある場合が多いとされますが、症状を起こす食材や程度は人によって違いがあります。

そのため数週間からひと月程度フルクトースを含む食品を避けた上で再導入するといった形で、自分にとって症状を起こす食品を確かめたりどの程度摂取できるかなどを確認すると良いといわれます。

その場合は、しばらくフルクトースを含む食品を避けて状態が良くなったら食事の一部として少量ずつ摂る、グルコースを含む食品と一緒に摂るなどして、1つずつ食材を再導入するようにします。ただ症状が出るまでに時間がかかる場合があるので、違う食品を摂り入れるまでに少し間隔を空けると良いようです。

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




2 × 1 =