GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

パン粉の代用品として活用できる食品・食材

calendar

reload

パン粉の代用品として活用できる食品・食材

普段食事を用意する時に、たとえばカツレツ・コロッケなどのフライやハンバーグ・ミートボールなど、パン粉を用いるメニューを作ることがあるかと思います。

グルテンフリーダイエットをしていると、そうした時でも小麦を使用した一般的なパン粉を使用することはできませんが、他のグルテンフリー食品をパン粉の代用として活用しフライやハンバーグなどのメニューを作ることも可能です。

そこで、今回はパン粉の代用品としてフライなどのレシピに活用することができるグルテンフリー食品についてまとめていきたいと思います。

 

パン粉の代用品として活用することができるグルテンフリー食品

それでは、以下にパン粉の代用品にすることができる主なグルテンフリーの食品を挙げていきます。

 

パン(米粉パン・玄米パンなど)

たとえば「普段からホームベーカリーでグルテンフリーの米粉パンを作って食べている」「米粉パンを購入して朝食などに食べている」という場合には、パンを大きめにカットしたものをフードプロセッサーに入れて粉砕するという方法でパン粉を作ることができます。

つくったパン粉はそのまますぐに使用するか、クッキングシートに載せてオーブンで数分ほど加熱して乾燥させることもできます。

そして、一旦乾燥させたものは数日であれば密封して冷蔵する、もしくは冷凍保存しておくと数ヶ月程度保存することができ便利です。

 

米パン粉

米粉パンからパン粉をつくるのが面倒だという場合には、米を使用した小麦不使用のパン粉が販売されているため、そうしたものを購入して常備しておくと使いたい時にそのまま使用できて便利です。

ただし価格としては多少割高になるので、手間や使用する頻度などによって考えると良いかもしれません。

 

乾燥おから(パウダー)

乾燥おからもパン粉の代用として用いることができます。

乾燥おからは安価なことに加えて数ヶ月程度保存が可能で、パン粉としてだけではなく、「水で戻して生おからとして使用する」「ポテトサラダや炒飯風のメニューに活用する」「お菓子作りに使用する」といった使い方ができます。

また、パン粉用として販売されているものもあるため、大豆に問題がなく、フライなどのメニューをよくつくるという場合には常備しておくと便利かもしれません。

 

 

参考記事:おからパウダーの栄養価と使い方・摂取時の注意点

 

コーンフレーク・玄米フレーク

グルテンフリーのコーンフレークや玄米フレークを普段朝食などに食べているという場合には、それらのフレークをフードプロセッサーかジップ付きの袋に入れて粉砕してパン粉として使用するという方法があります。

粉砕したものは、フライの衣として食材にまぶして揚げたりオーブンで焼いたりするいった使い方ができます。

コーンフレークや玄米フレークは常温である程度保存もできるため、ちょっと余分に買い置いておくとフライなどに活用したい場合にもすぐに使用することができて便利かと思います。

参考記事:グルテンフリーのコーンフレークが食べたい時は

 

凍り豆腐

凍り豆腐(高野豆腐)をすりおろして粉末状にしたものをパン粉として使用することができます。

凍り豆腐も常温で長期間の保存ができることに加えて、お味噌汁・唐揚げなどのさまざまなメニューに活用することができるため、大豆に問題がなければあると便利な食品の一つです。

 

アーモンドフラワー

アーモンドフラワーは、「ハーブやスパイスを混ぜたものを揚げ物の衣に使用する」「他の材料にそのまま加えてハンバーグやミートボールのつなぎとして使用する」といった方法でパン粉の代用品として活用することができます。

またスライスしたアーモンドを衣として使う、もしくはアーモンドプードルと米粉のパン粉をブレンドして使うと香ばしさが加わって良いようです。

 

フラックスシード・チアシード

粉末状にしたフラックスシードやチアシードも他の食品のようにフライやミートボールなどのレシピに活用することができます。

またこれらを使用する場合には、オメガ3脂肪酸などの栄養価を加えることができるというメリットも得られます。

また同じようにしてごまを使用することもできますが、焦げやすいため温度は低めにすると良いようです。

参考記事:フラックスシードの栄養価・効能と摂り方・摂取時の注意点

 

ポテトチップスを使う

上記のようなものが手元にないけれどグルテンフリーのポテトチップスがあるという場合には、ポテトチップスをジップ付きの袋に入れて粉砕し(もしくはフードプロセッサーを使用する)、パン粉のように使用するという方法があります。

通常のフライをつくる時と同じように米粉などの粉や卵をつけたものに細かく砕いたポテトチップスをまぶし、オーブンで焼くなどして使用することができます。

 

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




ten − 5 =