GLUTEN-FREE DIARY

グルテンフリーを含む食事制限に取り組んでいます。グルテン過敏症やリーキーガットなどで、グルテンフリーダイエットを取り入れるための情報をお届けします。

副腎疲労と食物アレルギーの関連性・回復に効果的な栄養素とハーブまとめ

calendar

reload

副腎疲労と食物アレルギーの関連性・回復に効果的な栄養素とハーブまとめ

副腎疲労は、「慢性的なストレス」や「糖質の過剰摂取」などが原因となって起こる疾患ですが、グルテンなどの食品のアレルギーもその原因の一つとして挙げられています。

また、そうした特定の食品に対するアレルギーがありながら除去食を行っていない場合には、双方の悪化につながるといわれています。

そこで今回は、副腎疲労とは何か、またグルテンなどのアレルギーとの関連性や回復に効果的とされる栄養素やハーブについてまとめていきたいと思います。

 

副腎疲労の概要とアレルギーの関連性

まず副腎疲労とはどのようなものか、またグルテンなどの食物アレルギーとの関連性について説明します。

 

副腎疲労とは

副腎は腎臓の上にある小さな臓器で、表面にある副腎皮質と呼ばれる部分から抗ストレス作用のある「コルチゾール」というホルモンを分泌しています。

ただし「カフェインの摂り過ぎ」「糖質の多い食事」「精神的なストレス」といったことが続き過剰なコルチゾールが生産されるようになると、副腎が疲弊してコルチゾールの分泌レベルが下がります。

そして、体が必要としている適切な量のコルチゾールを生産できなくなる状態を副腎疲労と呼ばれています。

副腎疲労になると「疲労感・ブレインフォグ・免疫機能の低下」などの症状が起こるとされています。

 

食物アレルギーとの関連性

たとえばグルテンに過敏性がある人がグルテンを摂取すると炎症が起こり、心身がストレス下にある状態となります。そうすると副腎に負荷がかかり副腎疲労につながる可能性が高まるとされています。

ただし、これはグルテンに限らず、乳製品・大豆・卵なども原因となるケースが多いようです。

こういった特定の食べものにアレルギーがある場合にはそれらが副腎疲労の原因となるだけでなく、副腎疲労によりそれらのアレルギー症状が悪化するともいわれています。

この場合には、原因となる食品を見つけて除去食を行うことが必要です。

 

副腎疲労に効果的な栄養素

次に、副腎疲労の回復に効果があるとされる主な栄養素を挙げていきます。

 

ビタミンC

ビタミンCはコルチゾールの生産に必要な栄養素で、副腎が適切に機能するにはビタミンCが不可欠だといわれています。

ストレスの多い状態にあるとコルチゾールの分泌のためにビタミンCが消費されますが、この時に十分なビタミンCがないとコルチゾールが生産されずストレスに対処できなくなります。

また重金属が蓄積された状態は副腎の疲労につながるため、毒素の排出も副腎疲労の改善に良いといわれていますが、ビタミンCは肝臓が毒素を体外に排出するのを助ける働きがあるため、そうした意味からも効果的だといえます。

 

サプリメントの選び方

ビタミンCのサプリメントにはさまざまな種類がありますが、胸焼けなどの症状を避けるために中和された「バッファ」タイプ、もしくは消化吸収が良く体内で利用されやすい「リポソーム(リン脂質で包まれた)製剤」タイプを選ぶと良いといわれています。

なお、ビタミンCは摂り過ぎた場合には排出されるため、一度に大量摂取するよりも1日の中で少量を数回に分けて摂るほうが効果的です。

 

ビタミンB群(パントテン酸)

また、ストレスがあるとビタミンB群を消費するため、副腎疲労にはビタミンB群、特に「ビタミンB5(パントテン酸)・B6・B12」の摂取が有効だといわれます。

なお、サプリメントを摂る場合には、B群を全般的に複合したタイプのものを選ぶと相乗効果が期待できます。

 

マグネシウム

副腎疲労のある人はマグネシウムが不足している傾向にあるため、多めに摂るようにすると良いようです。

参考記事:グルテンフリーダイエットにおける「マグネシウム」の必要性

 

副腎疲労に効果的なハーブ

次に、副腎疲労の改善に効果的だとされる主なハーブには以下のようなものがあります。

 

アシュワガンダ

アシュワガンダはナス科の植物で「ストレスへの抵抗力を高める効果がある」ハーブとして知られており、「コルチゾールの分泌が多すぎる時には減少させる、少なすぎる時には正常な状態になるように調整する」働きをします。

ちなみに、副作用は少ないといわれていますが、過剰摂取や妊娠中の摂取は避けたほうが良いといわれているため注意しておくと良いかもしれません。

 

リコリスルート(リコリス根)

リコリスルートに含まれる「グリチルリチン」という成分には、コルチゾールの分泌を増加させる効果があるといわれています。

また、リコリスルートには他に「抗炎症作用」「解毒作用」などの効果も期待できます。

参考記事:リーキーガット症候群に効果的なハーブの種類と効能・飲み方・副作用まとめ

関連コンテンツ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




16 + five =